未分類

「今日から俺は」を配信している動画配信サイトはここ

動画「今日から俺は」のあらすじ

“主人公の三橋と伊藤は、転校を機に普通の学生からヤンキーに変わり、喧嘩の強さから軟葉高校の番になります。

今日から俺はのあらすじは、三橋と伊藤に千葉の悪い高校生が喧嘩を売り、それに対し立ち向かうというストーリーです。

喧嘩をする他校の生徒は、紅羽高校の今井や開久高校の片桐、相良などで、今井とは喧嘩をするものの変な友情関係が構築され仲良しになります。

また、開久と全面対立する状態になりますが、開久の番長片桐は三橋や伊藤に対し一目置くようになり、相良との対立関係が深まります。

相良との対立関係の深さが、今日から俺はの最終段階まで関わっていきます。”
私立軟洋高校(通称軟高)に転校してきた三橋貴志(賀来賢人)ともう一人の転校生伊藤真司(伊藤健太郎)。この二人、実は転校を機にツッパリデビューを果たした元は普通の学生。三橋は頭を金髪パーマに。そして伊藤はツンツンのウニ頭に。そして転校早々その出で立ちから軟高の不良にからまれ二人にピンチがふりかかる!しかし二人は無我夢中にパンチをしたり手足を振り回しているうちに不良たちを倒し軟高のてっぺんに三橋と伊藤はその日からタッグを組み相棒になったのである。そして二人の喧嘩に明け暮れる学園生活が始まる!
“最強コンビの本橋と伊藤が青春を謳歌する学園ドラマです。
千葉県にある軟高ですが、不良がいる高校ではありません。
本橋は金髪で短ランスタイル、伊藤はハリネズミ頭で洋ランスタイルです。
この二人意外は、真面目な生徒なので害を与えることはありません。
ライバル意識がある、紅高の今井とは敵になったり味方になったりと変な関係です。
悪の集まりの開久高校とは、熾烈な格闘が繰り広げられる展開です。
相手は束になって襲ってくるので、少人数では難しいです。”

動画「今日から俺は」の見どころ

“今日から俺はのみどころは、三橋・伊藤コンビの変な強さとやり取り、2人を取り巻く美少女赤坂や早川との関係性です。

更に、学校の先生と三橋・伊藤のやり取りも今日から俺はのみどころの一つで、特に主人公2人の担任(ムロツヨシ)との絡みは面白いシーンです。

今日から俺はの前半や中盤、後半にみどころが分散されていて、前半から後半は三橋と両親の絡みや伊藤と早川の関係、三橋と今井の変なライバル関係がみどころです。

後半は三橋・伊藤と片桐、相良との対決や、片桐との関係性の変化などがみどころで、相良の悪い動きも目を離せません。

また、赤坂の父(佐藤二郎)と主人公の絡みもみどころの一つで、道場主でも意外と弱い点は笑いを誘います。

今日から俺はのストーリーは、人間関係の変化もみどころになるので、今日の敵は明日の味方という点にも注目です。”
三橋はお調子者で勝つためにはどんな手を使ってでも勝つという正義感の強い卑怯者。一方伊藤は真面目でいつも体当たりでボロボロになりながらも最後まで喧嘩を諦めない強者。そんな二人の正反対の喧嘩シーンは迫力漫才!そして、二人の恋模様も見所の一つだ。伊藤は気の強い同じ軟高の風紀委員の理子(清野菜名)に一目惚れし、理子も三橋の事が気になる存在に。伊藤は他校の女子校のボス京子(橋本環奈)と恋仲に。伊藤と京子のデレデレのバカップルの会話も是非チェックして欲しい!三橋と伊藤は街を歩けば不良に絡まれ喧嘩に明け暮れる毎日を過ごすことに!二人に絡んでくる不良もそれぞれ個性的で魅力的だ!紅羽高校の今井は力だけはめちゃくちゃ強いがお馬鹿である。開久高校の不良は全員悪で三橋と伊藤に立ちはだかる!どういう展開になるのか楽しみだ!
“本橋と伊藤は喧嘩が強くて有名なので、狙われてしまう人物でした。
開久のナンバーワン片桐は、パワーが凄くてとても敵う相手ではありません。
関わらない方がいいのですが、街を歩いていると、ばったり遭遇してしまいます。
開久のナンバー2、相良は片桐よりも始末が悪いところがあり、油断できません。
開久は、大勢で掛かってくるので、なかなか喧嘩に勝つのは難しいですが、本橋があの手この手と卑怯な戦法で勝利します。
相方の伊藤は、男らしいので卑怯なまねはしません。
この二人の違うところは、硬派と軟派です。
本橋の勝つことに対しての頭脳作戦は、ヤンキーらしくありませんが、勝てばいいのです。
卑怯な勝ち方でも、相手に与えるダメージは凄いです。”

動画「今日から俺は」を見た感想

“今日から俺はを見て思ったのは、ヤンキー全盛期を現代と絡めているという点で、ヤンキー全盛期を知らない人でも楽しめます。

特に、三橋の面白さや伊藤の真面目な行動も楽しめる部分で、主人公2人の個性を上手く演出していると思います。

伊藤は真面目で硬派なヤンキーですが、恋人関係にある早川に対しては赤ちゃん風の対応をするなど、ガチガチ過ぎないところはこのドラマの魅力だと思います。

ただ、真面目に悪い学生と戦うシーンもあるので、笑えるドラマ意外の魅力も感じます。

毎週今日から俺はを視聴しましたが、青春時代を上手く演出しているので、若い世代から中年世代まで幅広く楽しめるドラマです。

最終回が近づくと、この先どうなるの?とやきもきするようになり、見れば見るほどハマるドラマでした。”
実際ドラマを見るまではあまり期待していませんでしたが1話を見た途端毎週楽しみでしょうが無いドラマになりました。私の中では2018年で1番好きなドラマになりました。ギャグたっちなので喧嘩シーンは迫力漫才なのですが出演者達のコミカルな演技にいつもお腹を抱えて笑っていました。私が若い頃も不良の先輩に憧れていたり青春時代を思い出しながらキュンキュンしながら見ていました。漫画自体はちゃんと読んだことがないのですがこのドラマを見たことで読みたくなりました。今はもう化石的存在?のヤンキーのドラマですが正義感だったり仲間の大切さだったりを感じれるとても素敵なドラマです。また先生人達がとても個性的なのも面白いです。是非家族でみたいドラマだなと思いました!
“このドラマで一番光っていたのは、マドンナ役の赤坂理子です。
お父さんが道場を開いていて、娘の理子も武道の達人です。
見た目とのギャップを感じてしまい、印象が強かったです。
本橋の彼女にもなり、理子が捕まった時は命懸け助けに行きました。
伊藤にも彼女がいますが、早川京子は伊藤の前ではぶりっ子してしまいます。
伊藤も京子の前ではデレデレしてしまうところがありました。
彼女がいると、人質に取られてしまい恐れがあり、立場が弱くなります。
しかしながら、守るものがある人間は強さを増しますので、結果的に成功しています。
破れてしまった開久高校は、ナンバー1とナンバー2が去ってしまいましたが、新しい番長が誕生しました。
最終回に、山崎賢人が登場して開久高校の歴史は続きそうです。”

今日から俺はのキャスト

“キャストに対しひどいと感じることはなく、適したキャストや演出だったと思います。
ただ、魅力的な出演者が多いドラマだった為、1人1人の魅力を最大限に発揮できたかという点が気になります。
特に、佐藤二郎さんの魅力を出し切るには役が違うかな?と感じ、キャストの役柄次第でもっと面白いドラマになったと思います。
ムロツヨシさんも本来の面白さを出し切れないキャスト構成で、笑いを抑えた演出だったかなと思います。
しかし、主人公2人や美少女達のキャスティングはバッチリだったと思います。”
キャストは酷いという意見があるのがびっくりするぐらい私はそれぞれがピッタリのキャストはだと思います。三橋は賀来賢人が演じたからこそあのコミカルさや格好良さが出せたのではないかと思います。三橋のオリジナルダンスや変顔は最高でした。開久の相良を演じた磯村勇斗のあの悪い顔!始めはあまりの変わりようにひよっこに出ていた磯村勇斗だと気付きませんでした。福田監督さすがだなと思いました。伊藤の恋人役の京子を演じた橋本環奈もあの可愛い顔から想像出来ない変顔は毎回笑いました。ただ可愛いだけでは無くあの迫力ある変顔が出来るって凄いと思うし最高です。それぞれの俳優さん達の良さが見れて私はこのキャスティングに大満足です!個人的におバカな今井を演じる太賀がいつも全力で、お馬鹿だけど真っ直ぐで男らしくて好きです。
“最初は、キャストにあまり期待していませんでしたが、回を増すごとに面白くなってきました。
キャストも20代半ばから後半の人達なので、学生服を着るのは、やはり抵抗があります。
今時ヤンキー物語なんてと思いましたが、熱いハートを持っている姿は現在の若者よりもいい感じです。
今の時代、こんな喧嘩したら即逮捕されるので、当時は甘かったのでしょう。
今見ると、恥ずかしくなる風貌ですが、つっぱりが流行った時代ではカッコ良かったと思います。”

ドラマ版「今日から俺は」の動画を配信している動画配信サイト